塗料について

外壁塗装に使用する塗料のご紹介

塗料の素材で施工価格や耐久性が大きく異なることをご存じでしょうか? 栃木県宇都宮市の外壁塗装業者「坂本塗装」が塗料の素材ごとの特徴をご紹介します。ご要望に合った最適な塗料を選択するためにも、ぜひご参考にご覧ください。

塗料の主な種類

アクリル(耐用年数 約5年)

主成分である合成樹脂にアクリル系の材料を使用している塗料です。透明度が高いため、塗料の色をはっきりと見せることができます。また、価格も手頃なので、リーズナブルに仕上げたいというお客様から人気です。一方で、他の塗料に比べて耐久性に劣り、頻繁に塗り替えなくてはいけないというデメリットもあります。

・たとえばこんな塗料を使用しています。

ウレタン(耐用年数 約7年)

主成分である合成樹脂にウレタン系の材料を使用している塗料です。アクリルよりも防汚性・耐久性に優れている一方で、シリコン・フッ素よりもリーズナブルで機能性と価格のバランスがとれています。

・たとえばこんな塗料を使用しています。

シリコン(耐用年数 約12年)

主成分である合成樹脂にシリコン系の材料を使用している塗料です。耐水性、防汚性に優れていながらも、フッ素よりも値段が安く、もっともコストパフォーマンスが高いといえます。また、湿気を通す性質があるため、調湿効果も発揮できます。

・たとえばこんな塗料を使用しています。

フッ素(耐用年数 約15年)

主成分である合成樹脂にフッ素系の材料を使用している塗料です。他の3種類と比べて、耐久性が高く、長持ちする点が特長です。塗膜の効果だけでなく、美観を長期間維持できます。

・たとえばこんな塗料を使用しています。

当社ではシリコン塗料をオススメしています

当社では、耐久性、防汚性に優れながら、価格を抑えることができるという点から、シリコン塗料をオススメします。もちろん、ご希望があれば、シリコン以外の塗料にも対応可能なので、お気軽にお申し付けください。

4種類の塗料の比較

4種類の塗料を耐久年数、価格で分けると以下の図のようになります。塗料選びの参考にご覧ください。

塗料のグレード立位置は…

下塗り材の種類

下地調整材 上塗 工程数 設計価格
※1 ※2
機能評価
※3
リベルマイスター21
(16kg 1液形)
リベル
セラトップSi
4工程 (厚塗)
\5500/m2
防水性
ひび割れ追従性
付着性
3工程 (厚塗)
\4300/m2
防水性
ひび割れ追従性
付着性
リベルマイスター
(16kgSET 2液形)
リベル
セラトップSi
3工程 (厚塗)
\4100/m2
防水性
ひび割れ追従性
付着性
アレス弾性ホルダー
防水形
(16kg 1液形)
アレス
アクアセラ
シリコン
3工程 (厚塗)
\3900/m2
防水性
ひび割れ追従性
付着性
アレスホルダー
EPO
(16kg 1液形)
アレス
アクアセラ
シリコン
3工程 (厚塗)
\3900/m2
防水性
ひび割れ追従性
付着性
アレス
シリコンクラフト
(16kg 1液形)
アレス
アクアセラ
シリコン
3工程 (厚塗)
\3600/m2
防水性
ひび割れ追従性
付着性
アレスホルダー
GII・Z
(16kg 1液形)
アレス
アクアセラ
シリコン
3工程 (厚塗)
\3400/m2
防水性
ひび割れ追従性
付着性
3工程 (厚塗)
\3800/m2
防水性
ひび割れ追従性
付着性

※1:材工共設計価格です。施工規模300㎡以上を基準とします。
※2:下地調整代・養生費・足場代・諸経費は含まれておりません。
※3:機能評価は相対比較です。

坂本塗装は下地調整材にアレス弾性ホルダー防水形を使用しております。これは下地調整材としての機能性とコスト性が良いためです。あまりにも高性能の下地材を使用すると上塗り剤も変える必要があるため、費用としてはとても高価になりますため、コストパフォーマンスに優れた下地材を使用しております。

・アレス弾性ホルダー防水形の特長

伸びと防水性と付着力にすぐれているため、地震等で家屋が揺れたとしても外壁に「ひび」が入り難い特性を持っております。これを「弾性」と言い、多くの外壁塗装で微弾性の下地調整材が使われているのに対して、弾性力に富んだ下地材を使うことで、塗装を長持ちさせる効果があります。また仕上がり具合も良いので上塗り材の吸い込みが少なく従来の色や性能を発揮できます。

弾性力 費用
微弾性 メリット 安い
一般的
デメリット 割れやすい
弾性
高弾性
メリット 割れにくい
カビが生えにくい
防水性がある。
デメリット 費用が高い

色選びもお任せください!

塗料の種類と同時に、決めなくてはならないのが塗料の色。外壁の色で家の印象も大きく変わります。当社では、色選びでご満足いただくために、パソコンを使って塗装前後のご自宅を比較できるシミュレーション「カラープランニング」を導入しています。実際のお宅の写真を使うので、塗装後の状態と近いイメージを正確に持つことが可能です。
カラープランニングの詳細はこちらをご覧ください。