よくあるトラブル

外壁塗装でのトラブル

外壁塗装業者の中には、残念ながらいい加減な説明や施工によってお客様にご迷惑をかける業者も存在します。栃木県宇都宮市の外壁塗装業者「坂本塗装」がよくあるトラブルをご紹介しますので、トラブルを未然に回避するためにも予備知識としてご覧ください。

トラブル1追加請求が来た!

仕上がりがすごくきれいで満足していたAさん。しかし、請求書を見てビックリ! なんと見積もりの金額よりも高額なのです。業者に問い合わせると、「鉄部分を塗り替えた費用です」という回答が……。確かに「塗り替えますか?と聞かれたけど、サービスじゃなかったんだ」とAさんは確認しなかったことを後悔しました。

当社なら安心です

きちんと説明しない業者の場合、このようなことが起こる可能性があります。正確な説明なく後から請求されるのでは困ってしまいますね。

当社は、作業内容や費用、スケジュールなどはすべて正確にご説明します。施工開始後に、お客様のご要望などで施工箇所を追加する場合でも、同様にすべてご説明いたします。値段を伝えずに施工するといったことはありません。

トラブル2お隣さんが怒っている!

養生も完了し、塗装が始まったBさん宅。「きれいな色になる」と楽しみにしていたところ、お隣さんが困った様子でやってきました。「お宅とうちの間の塀にペンキが付いているんですが……」。確かにペンキが付いています。「塗装するってぜんぜん聞いてなかったからびっくりしたよ……」。塗装業者はお隣への説明はおろか、挨拶もなかったようです。これにはBさんも困ってしまいました。

当社なら安心です

お客様が迷惑しなければそれでいい、と考えている業者にありがちなミスです。お客様はもちろん、近隣の方への配慮も必要です。そういった気配りが、結果的にお客様の満足にもつながります。

当社は、近隣の方にもご負担をかけないために、騒音や臭いの説明をする必要があると考えています。そのため、施工を始める4日前には必ずご近所へ挨拶にうかがいます。さらに、必要の場合は近隣の方の敷地内のものにも、了承を得て養生。近隣の方にもご迷惑をかけないために当社では工夫を施しています。

トラブル3たった3年で塗装が剥がれた!

「3年前に外壁を塗り替えたばかりなのですが、もう剥がれてきました」というCさん。それだけでなく、外壁に触ると白い粉も付いています。業者には「10年はもつ」と言われていたので大変ショックを受けていました。業者に電話してみましたが番号が変わっているようでつながらず、どうすることもできません。

当社なら安心です

自社の利益のみを考えて、業者が手抜き施工を行ったのでしょう。もしかしたら塗料の量も基準塗布量を守っていないのかもしれません。

当社が第一に考えているのはお客様の満足。長い目で見て安心できる住まいを実現させたいと考えています。そのため、手抜き施工は一切行いません。塗料も決められた量を守り塗装をいたします。